入り口案内
特許
どのようにして中国にPPH申請をするか【転載】
e小方  • 
PPH(Patent Prosecution Highway、特許審査ハイウェイ)とは、審査迅速化のための各国?地域の特許行政官庁の間での取極の一つである。PPHルートを経由すれば、特許出願の審査期間が大幅に短縮されて、拒絶理由通知書が発送される回数も目立って...

高速道路と同じITSインフラを常設したテストコース、逆走対策やV2Xの開発強化

OKIは2017年11月8日、埼玉県本庄市にある情報通信本庄工場の敷地内にITSテストコースを開設した。投資額は3億円で、実際の高速道路と同じITS関連のインフラをそろえた。新設したテストコースを活用し、車両や歩行者の検知、逆走防止といった運転支援技術や、位置情報を活用した新サービスの検証を行う。要望があれば他の企業にも開放する。[リンク]

BMWが「iX1」から「iX9」まで一連の商標登録を申請

我々はこれまでに何度もBMWの電気自動車(EV)投入計画についてお知らせしてきた。同社は9月のフランクフルト?モーターショーに「iヴィジョン?ダイナミクス」コンセプトを出展。これは「i5」という名称で2021年に市販化される見込みだ。「MINI」とBMW「X3」のEVバージョンを準備していることも認めている。そして英国の自動車メディア『Auto Express』が伝えるところによると、今後はさらに多くのEVが登場するらしいことが、BMWによる商標登録の申請書類によって分かったという。その中にはX3のEVバージョンと思しき名称も含まれている。[リンク]

LinuxがスパコンTOP500でOSシェア100%に--普及の背景、展望

Linuxがスーパーコンピューティングの世界を制覇した。1998年にスーパーコンピュータTOP500リストにLinuxが登場した日から、その日は着実に近づいていた。そして先週、ついにそれが達成された。今や世界最速のスーパーコンピュータ500台すべてが、Linuxで動いている。[リンク]

過剰な光は「光害」、安眠に影響?照らされた地域年々増

夜間に人工的に照らされた地域が、世界で年に2%ずつ増えていることが、宇宙からの観測データでわかった。国際研究チームが22日付の米科学誌サイエンス?アドバンシズ(電子版)で発表した。過剰な光による「光害(ひかりがい)」が、健康や生態系に悪影響を生じさせるおそれがあると警告した。[リンク]

トヨタ自動車が開発中のEVはリチウム比で出力3倍の「全固体電池」を搭載!?

東京モーターショー2017で、2020年代前半にEVなどの航続距離が大幅に延びる次世代の「全固体電池」を実用化する方針を明らかにしたトヨタ自動車。[リンク]

川重の自律型無人潜水機 販売目標8年後に100億円目指す

川崎重工業(神戸市中央区)は21日、潜水艦の建造技術を基に開発を進めている自律型無人潜水機(AUV)について、2025年度に年間100億円超の売り上げを目指すことを明らかにした。神戸工場で設計、建造して輸出する。ばら積み船やガス運搬船などから撤退する同工場で、新たな収益の柱に育成する。[リンク]

不正競争防止法の改正、経産省が報告書案

経済産業省は21日に開いた審議会で、データ利活用促進を目的とする不正競争防止法改正に向け報告書案を示した。[リンク]

火星の“しま模様”は水ではなく砂

[AP通信] 新しい調査によると、火星の表面にみられる濃い色のしま模様は、水ではなく砂の流れが形成したものと考えられるという。[リンク]

社説/IoT普及へ指針?「標準必須特許」のライセンス促せ

自動車やロボットなどさまざまな製品がつながるIoT(モノのインターネット)普及に不可欠な「標準必須特許」について、特許庁はライセンス交渉の進め方やライセンス料の算定方法などを明記したガイドライン(指針)を来春に策定する。同特許を巡る紛争を防ぎ、産業界のイノベーション創出を促してほしい。[リンク]

AIを活用し、速度や燃料消費量などの船舶性能を推定する技術を実証

富士通研究所は2017年11月1日、商船三井、宇部興産海運と共同で、船の速度や燃料消費量など船舶性能の推定技術の実証を行い、さまざまな気象?海象条件での実用性を確認したと発表した。AI(人工知能)を活用し、船舶性能を正確に推定して燃費を削減する航路を予測する技術で、富士通では位置情報を活用したクラウドサービス「FUJITSU Mobility Solution SPATIOWL」のメニューの1つとして搭載し、2018年中のサービス提供を目指す。[リンク]

コンロでスマホが充電できる、中高温域で使える熱電素子を新開発

古河電工は2017年11月17日、200~800℃の中高温域で、熱電変換を実現するクラスレート焼結体U字素子を開発したと発表。有害物質を含まないシリコンクラスレート系化合物の熱電変換素子が中高温度帯で発電したのは世界で初めてとしている。[リンク]

小惑星が少しずれていたら…恐竜生存? 東北大など発表

もし小惑星が南側に数百キロずれて地球に衝突していたら恐竜は今も生き残っていたかもしれない――。そんな研究成果を、東北大学と気象庁気象研究所のチームが英科学誌「サイエンティフィック?リポーツ」に発表した。[リンク]

電動トラックが普及すれば、「運転手の仕事」は本当になくなる

テスラが発表した電気自動車(EV)のセミトレーラーは、運送業界を激変させる可能性が高い。仕事の内容はどう変わるのか、運転手は必要なくなってしまうのか──。自動運転が、運送業界と「運転手という仕事」にもたらす影響について考察する。[リンク]

0.5秒で水素を検知、触媒不要の超音波センサーを新開発

日清紡ホールディングスは2017年11月、超音波の伝わる速度(音速)の変化からガス濃度を算出する方式を採用し、水素ガスを素早く検知できる「超音波式水素ガスセンサ」を開発したと発表した。[リンク]

データ不正使用、第三者は条件付き規制?経産省、きょう不正競争防止法改正の方向性

経済産業省は、データ利活用を促すため2018年の実施を目指す不正競争防止法改正について、21日の審議会で改正案の方向性を示す。[リンク]

国産量子コンピューター試作機、無償公開へ

スーパーコンピューターをはるかに超える高速計算を実現する「量子コンピューター」の試作機を、国立情報学研究所などが開発し、27日から無償の利用サービスを始める。世界的な開発競争が進むなか、試作段階で公開して改良につなげ、2019年度末までに国産での実用化を目指す。[リンク]

海の微生物が分解するプラスチック カネカが開発

化学メーカー大手のカネカ(本社?大阪市)の生分解性プラスチックが、海中の微生物にも分解されると国際的な認証機関に認められた。[リンク]

専門医に匹敵 画像診断AI開発

胃がんの前段階となる「ピロリ菌胃炎」の内視鏡画像診断で、専門医に匹敵する能力を持つ人工知能(AI)を開発したと、民間クリニックや大阪国際がんセンターなどのチームが医学誌イーバイオメディシンに発表した。[リンク]

消滅特許権で組へ資金 架空の売買契約

大阪市浪速区のビル型納骨堂「梅旧院(ばいきゅういん)光明殿」の運営会社「光明殿」関連の宗教法人から資金を引き出したとして、指定暴力団山口組直系組長が背任の疑いで大阪府警に逮捕された事件で、現金は、効力が消滅していた特許権の売買名目で組長に流れていたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。[リンク]

「ナイキ」などの偽物所持で書類送検

有名スポーツブランド「ナイキ」「アディダス」などのロゴを不正にプリントした偽物を販売目的で所持したとして、宮前署は17日、東京都江戸川区の会社員の男(47)を商標法違反容疑で横浜地検川崎支部に書類送検した。[リンク]
/